ストレピアで美肌ママとスキンシップ

 

ストレピアで美肌ママとスキンシップ

 

母32歳、2歳になったばかりの娘が1人います。両家の親共に遠方に住んでいるため、近くに頼れる人もいないなかこれまで育児をしてきました。母乳育児は生まれてから2歳の誕生日まで行っていました。

 

母乳をあげるのは自然なこと

 

子供が生まれたら母乳で育てたい!妊娠したときから私はそう思っていました。
なぜかというと、哺乳類である私たち人間が自分の子供に母乳を与えて育てることは、当たり前なこと、自然なこととだと考えているからです。
中には様々な問題があって母乳育児をできない人もいるでしょうが、特に問題がないのなら母乳で育ててあげるのが赤ちゃんには一番いいのではないかと思います。
母乳をあげることはママにも赤ちゃんにもメリットがいっぱいです。
例えば、赤ちゃんがのどがかわいて泣いて愚図ったらおっぱいをすぐあげることができます。
ミルクだといちいち調乳する手間がかかりますが、夜泣いたときなどもすぐあげられます。
また母乳をあげることは産後の子宮の回復にもいいそうです。
赤ちゃんも授乳を通して母親からの愛情をたっぷり受けることができます。
赤ちゃんは母親に密着して抱っこされ、優しく見つめられながら話しかけられることほど安心することはないと思います。
子供に授乳をしていた2年間は大変なこともたくさんありましたが、小さい頃にしかできない母と子のかけがえのない時間だと思います。

 

 

食事と水分とストレピアでのスキンケア

 

母乳は赤ちゃんへの愛情と共に栄養分も与えるものです。
ですから、美味しい質の良い母乳を作るために努力しました まず、出をよくするために水分を多めに摂るようにしました。
もちろんカフェインの入っているものは控えました。
次に食事ですが、私は乳腺が詰まりやすいタイプだったので、とにかく脂っこいものや甘いものなどは徹底して控えました。
和食や野菜中心のさっぱりとした食事を意識して摂るようにしていました。
私の肌もボロボロになりがちなのでストレピア化粧品で毎日お手入れ。
頬と頬をピタッとしたとき赤ちゃんが気持ちいいい状態でいたいから。
ストレピアでのスキンケアは欠かせません。

 

 

苦労も思い出

 

母乳育児の一番のメリットは子供とのスキンシップがたくさんとれることだと思います。
また、ミルクと違って調乳の手間がないということです。
デメリットは乳腺の詰まりなどのおっぱいトラブルで苦労したことです。
初めは詰まることも多く、軌道にのるまで痛みとの闘いでした。また外出先で授乳室がなかなか見つけられなかったときも苦労しました。